Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

負い目とかじゃくて

 ハンカチを拾ってもらったとき。宿題を見せてもらったとき。バイトのシフトを代わってもらったとき。 

 こんなときに「『すみません』ではなく『ありがとう』と言おう」というような言葉がある。

 この言葉は、人に"何か"をしてもらったときに伝えるべきなのは"申し訳なさ"や"負い目"ではなく"感謝"である、という意味だと僕は肯定的にとらえている。

 

 さて、こんなことがあった。

 来週の英語の授業でプレゼンがあり、発表は個人で行うがパワポはグループごとで協力してつくることになっていた。主になって作ったのはそのグループの友達だが、僕たちのグループは作業を分担し改善の余地こそあれど先週までにパワーポイントを形にしていた。発表自体は来週だが、今日の英語の授業で友達はパワポに大幅に変更をしてもってきた。僕はその変更についてあれこれ意見したのだが、そんな僕に友達は小さく言い放った。

「やってもないのに言われたくない」

「え、ごめん……」

 予想外の言葉に思わず謝ったが、僕は正直あきれた。僕が謝る理由なんてなくないか。

 僕は単位さえ取れればいいのでクオリティなんぞ気にしてない。ここはおそらく価値観にずれがあるだろう。それは認める。だが、それが気に食わないならパワポを改良しようと事前に言ってくれればいいものを。勝手に直させてくれというのなら出来上がりにケチをつけないとは約束できないがそれはそれでどうぞご自由にと言ったものだ。もし直してくれと頼まれれば直すさ。無論出来上がりに不満があらば言ってくれ。

 だが勝手に直しといてケチをつけられて「俺けっこう時間かけたんだよ?」とはケツの穴が小さい。感謝こそ求められたとしても申し訳ないと思って欲しいのならお門違いってもんである。あえて僕が申し訳ないと思うことを挙げるならば、そのパワポの変更は改良だとは思えなかったので感謝すら多大には感じにくかったことだ。

 普段僕は自分をあまり前面に出さないので何を考えているかよく分からないと思われてれるかもしれない(と自分では感じてる)が、気に食わないことはどちらかと言えば物申すタイプだ。「1人でやってケチつけられて被害者ヅラとかメンヘラかよあん?」とは流石に言わないが、「直すなら直すって事前に言ってくれないと困る。あとそのデータを使うのは適してないし解説も的外れだと思う」くらいは言わせて貰った。うん、文字にして客観的に考えてみて思う。僕は性格が悪い。

 当然だが、雰囲気は多少険悪になった。覚悟したよりかはマシだったけど。ちなみに僕はこれは大人の対応ではなかったと後悔している。このまま生きてると絶対就職したときとか苦労するに違いない。

 やはり、でも。ちょうどさっき「今日お前んちで鍋しよ! 遅くなるから食材買っといてほしい! スープは豆乳がいい!」と無遠慮にラインしてきた別の友達のあっけらかんとしたその様を見習ってほしいと思う。彼は買い物をしてきた僕に「すまん」ではなく「ありがとう」と言うはずだ。