Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

研究室配属チキンレース!

 僕は今、大学3年生(理系)。そして本日、本格的に研究室配属のシーズンへと突入しました。

 研究室選びは大学選びと同様にその重要性が語られたりもしますが、大学院まで進学を考えている僕の今後の3年(スムーズに行けばだけど)を左右するので誇張でもなんでもなく人生の分岐点なのです。

 とは言っても、もしこの記事が発見されようものならどこの研究室も僕を受け入れてくれないかもしれませんが、ぶっちゃけ研究とかどーでもいいんです。いざ研究せんとなれば真面目に取り組む所存ではあります。でもテーマとかはなんでもいい。特に興味のある分野とか得意なジャンルとかございませんし、研究室に配属されたらされたら専攻している分野を手掛けるか否かなど関係なく1から勉強せねばならないのでしょうから、も~~なんでもええんです。そんなん後から考えるべ。ていうか研究内容とか説明してもらったりしたけど難しくてよく分かんないもん。

 故に、僕の研究室希望のポイントは大きく2つ

・俗に "ブラック研究室" と揶揄される研究室を何が何でも避けること

・雰囲気がなんかええ塩梅なとこ

 この2つを念頭にここ2週間くらい何処の研究室が僕が行くに無難か考えておりました。ちゃんと考えていた人は2週間どころか何か月も前から考えていたでしょうし、1学年下の友達で既に行きたい研究室の教授に顔を売っている人なんかもいるので、僕はかなり悠長にやっていた方だとも思いますけどね。

 そんで昨日までの研究室見学とか懇親会とかの研究室選び及び教授への媚び売りのステップを踏んで(僕はどこの教授にも顔を覚えてもらってないと思うけど......)、今日は第一次研究室配属希望登録期間初日だったのです(漢字ばっかで読みにくいね笑)。

 どのようなシステムで研究室配属がなされるか軽く説明すると~

1.学生がweb上で希望する研究室を登録する。(登録状況は誰がどこの研究室を希望しているかなどをリアルタイムでこと細かに確認でき、登録期間中(数日間)であれば何度でも変更可能である)

2.面談とかGPA(成績)とかなんやかんやでふるいにかけられる。定員割れを起こしている研究室は基本採用(らしい)。

3.落とされた人が二次希望登録で余った研究室に希望を出す。で、またふるわれる。

って感じで三次希望まであるらしい。

 それでね、今日の希望登録解禁直後の朝に僕は行きたい研究室を登録しました。そっこーでしましたとも。"とりあえず様子見" の姿勢の他の学生に「俺はここに行くからお前らかぶせるんじゃねえぞ」ってアピールするつもりで。

 そんでね、夜になって希望登録状況を見てみたらですね~、なんということでしょう! 僕が希望した研究室は枠が2人なのですが、6人も集まってるではありませんか!! くそ、みんな(どこがいいか)分かってるな。......もうほんっとやめてほしい。争いたくない。

 ちなみに僕はGPAがけっこう低いのでこの戦いに勝てる自信は基本的にありません。教授がどれほどGPAを重視するかは人に依りけりらしいですが、不利なのは変わりないのです。とゆーわけで倍率3倍の枠を勝ち取りにいく男気はないので、一次で落とされ売れ残った不人気な研究室に行くという死を選ぶくらいならさっさとブレーキ踏んでこのチキンレースから下りてやる!ってつもり......なのですが、他の人もそういう心理状態であるのはきっと同じだろうから、降りるやついないか様子見で明日くらいまではアクセル踏んでおこうかな。......まあまだ半分近くの学生が希望を出していない現状から倍率が上がることはあっても下がることはなさそうです。そしたら別の目星をつけていた研究室に変えます。つらいぜ。

 ところで、このシステムなかなかに酷だと思うんですね。教授の人気投票みたいなもんだと思うんです。未だ0票の研究室がいっぱいあって、人気なところは一目で分かるんですよ、教授はそんなん気にもしないかもしれませんが。

 さらにこの希望システム、前述した通り個人名入りで登録されます。なんでやねん。所属学科とか学年とかの情報だけでええやんけ。特に困ることがあるわけじゃないけど、なんか嫌だ。