Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

しょっぱい部活の思い出

今週のお題「部活」

 ネタに困ったときの今週のお題です。僕は小学校から高校までサッカー部でした。一応大学でもサッカーはやってますが、部活ではなくてゆるゆるのサークルです。蛇足ですが、3年生になってからあまり行かなくなっちゃいました。引退したわけじゃなくて、なぜか1年生のときから僕の学年のメンバーが少なく、もう最近は誰も行かなくなっちゃったからです。寂しいなあ。

 

 さて、部活に話を戻しましょうか。僕のサッカー人生の軌跡は語られることも何もないごく平凡なものですが、一応お題は「部活」ですし1から10まで語るのは面倒なので、中学生から高校生の時の、つまらない話に絞ります。

 

 中学生のころは部活は苦も無く、どちらかというと楽しんでやっていました。身体的には中学時代が一番苦しかったですけど、精神的には楽しくやってましたね。僕は特別サッカーが上手い訳では全くなかったんですけど、中学生の時は1年生の始めのほうから試合には出られたことが精神的に健康だった理由でした。上級生が少ししかおらず、空席が多かったのがラッキーでしたね。もちろん、強い部活ではなかったですよ。地区予選突破できるかなレベルでした。3年生の時に地区予選を突破できたときの喜びは今でもありありと思い出せます。県大会1回戦で負けちゃったんですけどね。

 

 高校生では迷わずサッカー部に入部しました。サッカーが特別好きなわけでも熱い目標意識があったわけでもないですけど、人生の流れに乗って迷わずサッカー部。

 ただ、結論から言ってしまうと最初から最後まで練習も試合も憂鬱な気分でやっていたことが多かった。特に、試合はそうでした。なぜなら出場できなかったから。

 ベンチから眺める試合ってすんごくつまらないんですよね。今でも仲が良い高校の友達に「なんでそう楽観的なの」と最近言われた僕にも、少なくともその時にはハングリー精神というものがあったようで、幸運にもそれまで試合開始のホイッスルをベンチで聞くことがあまりなかった僕にはそのことがつまらなくて仕方がなかった。自分のチームの勝ち負けなんてぶっちゃけどうでもよくて、それより俺を出してくれよと監督の背中にテレパシーを送ってばかりでした。一時たりともピッチを踏めなかった試合の帰りは口数少な目だった思い出があります。

 それでも、1年生の時はそれが普通だったので余裕がありました。レギュラーで出場していた同級生もいたけど、それはそれ。世代交代の時が来たら自分のポジションが回ってくるさと。でも、2つ上の先輩が引退しても、1つ上の先輩が引退してもレギュラーにはなれませんでした。月日を重ねるごとに部活に行くのが面白くなくなった。中学生のころは自分よりうまい同級生や後輩が居てもなんとも思っていなかったのが、高校生のときは内心すごく嫉妬しました。特に自分と同じポジションで出場していた後輩が羨ましかった。僕は体力の少ない彼がバテた時の途中交代枠。惨めだ。

 今思えば空回りしていたなあと思います。僕は平常おしゃべりだったし、劣等感に苦しんでいたとは周りからは見えなかったでしょうけど、いつも焦ってた。試合に出られなくて、自信が持てなくて、でも、いやだからこそプレーが先走って、試合に出られない、悪循環。

 もっとのびのびとやれていたらなあ。純粋に楽しめていたらなあ。そしたら違う結果だったかもしれないし、同じ結果だったとしても違う種の思い出になっていたかもしれない。今ではそう思って後悔します。