Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記です。

誕生日祝ってくれた友達がイケメン

 21才になりました。

 20才になったのがついこの間のことのような気がします。1年が早く感じます、なんて言うとおじさんくさいかな。

 今までは成人に向かって年を重ねていた、言うなれば右肩上がりの時期だったのが、そろそろ右肩下がりですよ的な時期に入っていくようでなんとなく前向きになれませんね。

 とは言っても20才のこの時期がないしはこれから十数年が人生のピーク的な考え方はちょっと寂しくも感じます。

 なんていろいろ言いましたが、年を取ることについての僕の所見をつらつら綴りたいわけではないです。僕にも誕生日を祝ってくれる人が何人かいてくれたよっていう自慢混じりの日記を書きたいだけです笑

 というわけで友達何人かで我が家で鍋をしました。「鍋をするにはまだ時期が早いっしょ~」なんて言って僕はぐずりましたが、なんだかんだ鍋っていいですよね。楽しい。

f:id:Kyogoku:20190922235352j:plain

 あと友達がバーに連れて行ってくれました。友達はそのバーに何度も言ったことがあるらしく、彼の顔を見たお店の人が「あ、いつもどうも。今日は時間が遅いですね」なんて言っていました。かっけえ。僕も行きつけのバーを作って誕生日に友達...あわよくば彼女を連れてこれるようにしたいです。もちろん当てのない未来の話です。

 初めてマティーニを飲みました。興味があったんですよね、マティーニマティーニはジンとベルモットのカクテルなんですが、名探偵コナンでそのマティーニに関するちょっとした大人っぽいやりとりがあるんです。コナンファンの人なら知ってるかもしれないちょっと有名なシーンです(僕は大のコナンファンです)。だから、飲んだことないけど少し馴染みのあるマティーニというカクテルを飲んでみたくて注文。ちなみに2杯目は別のジンベースの弱いお酒にしました。マティーニはちょっと僕には強すぎましたから。

 お会計はわりと良いお値段がしたんですが、友達が全部もってくれました。なんで彼はそんなにかっこいいんですかね?彼は見た目にもかっこいいんです。なのに中身もイケメン。かっけえ。半年以上先の話ですが、彼の次の誕生日の時は僕が財布をもとうと思います。