Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

【雑記】やっぱり僕に居酒屋バイトは向いていない

 僕の9日間のゴールデンウィークの予定の内6日は居酒屋のバイトで埋まっている。居酒屋バイトを始めたのは大学二年生になる春休みだったので、既に1年以上続けていることになる。

 それまでは定食屋でバイトをしていた。大〇屋ってところでバイトをしていた。そこでバイトを始めたのは先輩に誘われたからだった。その先輩のことは好きだったが、その〇戸屋にはバイトリーダー的な存在の推定20代後半くらいの女性がいて、その人が苦手すぎて半年経たずに辞めてしまった。

 辞めたこと自体に後悔はないが、自分を誘ってくれた先輩に申し訳ないとは思ったし、それ以降その先輩と顔を合わせるのもなんとなく気まずく感じてしまうようになった。

 そうゆう経験から、次は誰にも頼らず全く自分のコミュニティとは関係のないところでバイトをしようと決意した。なんのバイトをしようかと色々迷った。塾講師に応募したこともある。面接・テストをパスし採用の電話はもらった。その後初回説明みたいなのも受け、「初出勤の日程なんかはまた連絡するね」と言われた。だが、電話がそれ以降かかってくることはなかった。あれはなんだったんだろうと今でも思う。

 単発タイプのイベントバイトも応募した。これも面接を受けて採用してもらった。だが、こちらに関しては面倒になってしまって積極的に一度も出勤しなかった。何を自分はしたかったんだろうと今でも思う。

 そして、大学一年の冬が終わろうとしていたころ、どうせなら出会いがあるバイトがしたいという思いから、友達や先輩の勧めに従って居酒屋でバイトを始めてみた。バイトを始めた時はやる気に満ち溢れていた。それはもうしっかり仕事を覚えて、バイト先の人と仲良くなって、あわよくばガールフレンドをと思っていた。

 しかし、まず自分は仕事の覚えが悪かった。誰もが1度聞いただけでモノを覚えられるわけではない、なんてよく言われるが、自分は3度聞いても覚えられなかった。前それ教えたじゃん、と何度言われたことか。ビールサーバーの閉め方は7,8回くらい聞いたかもしれない。なるべく違う人に聞くようにするのが大変だった。

 ミスも多かった。特にオーダーミスは何度やったか分からない。ハンディーとかいらないから全部手書きにしてくれよとすら思った。もちろんその方が圧倒的に効率は悪いのは分かるが、ハンディーの扱いが苦手すぎた。どこになんのキーがあるのか探すのが大変だし、押し間違えるのもしょっちゅうだった。キッチンに「すいません」と頭を下げ、お客さんに「申し訳ございません」と頭を下げるのも慣れっこになるくらいにはやらかしまくった。

 ドリンクを作るのも苦手だ。そもそも、ドリンクを作るのを覚えるのもかなり時間がかかった。今ではおおよそのドリンクは何も見ずに作れるが、そのスピードはあまり速くない。大量のオーダーを急いで処理しようとすると大体なにかしらミスったりやらかしたりする。昨日は日本酒の瓶を倒して割った。

 キャッチも苦手だ。というか嫌いだ。ご存じだろうが「居酒屋のご利用はいかがですかー」なんていいながら道行く人を自分の店に引きずり込むあれのことだ。自分の店では暇なときにバイトがキャッチをやらされることがある。もちろん自分も何度かやらされた。しかし、自分がお客さんを引っ張ってきたのは片手で余裕で数えられる程度しかない。入って1か月くらいの新人のほうが自分の100倍はお客さんを引っ張ってくる。マジで感心する。ちなみに、そう言われたことがあるわけではないが、自分は全くお客さんを引っ張ってこないので今ではほとんどキャッチをやらされることはない。

 そして、なによりバイトの人たちと仲良くないのがきつい。雑談程度ならするが、それ以上のことは全くない。プライベートで会ったこともほぼない。バイトの時とそうでないときのキャラの差がすごいと自分でも思う。バイトの時の自分のまあなんと無口で暗いことか。あの場でギャグを飛ばしたりふざけてみたりする自分が想像できない。仕事ができなさ過ぎて明るく振る舞うのに抵抗があったからかもしれない。やらかしたときに「反省してます」と言ったことはあまりないが、反省してます的なポーズをとったほうがいいかもしれないと思っておとなしくしてたのが習慣になったのかもしれない。

 以前、ミスをして店長に起こられて先輩が落ち込んでいた。僕が「俺の方が散々怒られまくってますよ」と珍しく冗談交じりのフォローをしたら「本当だよね。メンタル強いよね」と言われたことがある。少し心に刺さるものがあった。

 前の店長の送別会のとき、その前の店長に「お前はすぐ辞めると思ったよ」と言われた。この時もグサリという音が胸から聞こえた気がした。

 しかし、なんだかんだで1年も続いてしまった。周りにどうせすぐ辞めるだろうと思われていると思うと、本当にすぐに辞めるか試してみようじゃないか的な精神が働いて続いてしまった。天邪鬼なこった。でも、1年続けても居心地の悪さはあまり変わらなかった。もう見栄を張るのは止めて、自分にあったバイトをしようか。