Log(きょうごく)

Log(きょうごく)

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。月・水・土曜日に更新しています。

【日記】新居の電気がまだ通ってなかった話

 2週間くらい前の話。3月の終わりごろ、引っ越しをした。新居と以前の住居はかなり近かったし家具も立派なものは持ってなかったので、台車を使って引っ越しをした。自分のプライベートが丸裸の状態で公共の場を通る。いや段ボールに入れたりしてはいるけど。なんかちょっと恥ずかしい。一日がかりでなんとかお引越しは終わった。

 しかし、新居で電気をつけようとして、スイッチを入れても反応がない。カチカチと音が空を切る。蛇口は、捻ったら元気良く水が出た。トイレも使えた。ガスは通ってないだろうからお湯はでなかった。シャワーは冷水しか浴びれない。

 家賃やら光熱費系の書類は実家に一日だけ帰った時に全部丸投げしていた。しくよろ!って感じで。二十歳の息子として親に甘えまくっているのはどうかと思わなくはないが、自立はまだ僕には早いよね。まあそのうち通るでしょう、とお気楽な気分でいた。

 引っ越しをした日は以前の住居にまだ居れたので、その日は以前の住居で寝泊まりした。それから二日間は夜はバイトだったので、あまり不便はしなかった。バイトが終わってから朝まではインターネットカフェで過ごした。今まであまりネットカフェを使ったことはなかったが、6時間で2000円はあまり高く感じない。ネット使い放題、漫画読み放題、ドリンクバーも飲み放題、シャワーも使える、さらになんとなんと大人向けのビデオも見放題と充実したサービスを考えればむしろコスパは良く感じた。ネットカフェが18才未満利用禁止なのもよく納得できる。トイレで小さいほうの用をたすとき、目の高さにAVの広告が貼ってあったし。

 その後、三日間は九州旅行に出かけた。その間に電気・ガスは通るでしょうと思っていた。全く関係ないけど、九州旅行の記事もあるので良かったらご覧ください。

 

kyogoku.hatenablog.com

kyogoku.hatenablog.com

 

 三日後、深夜に東京に帰ってきた。移動疲れが溜まっていたが、帰ったらようやく新居を満喫できると思うと高揚した気分になれた。うきうきしながら帰路を急ぐ。

 ただいまー!、と一人暮らしなので当然誰もいないけど、景気よく声を出してマイルームへ。そして電気のスイッチを入れる...!

 カチ。カチカチ。

 ...あれ?あ、そうか。ブレーカーか。ブレーカーが上がってなかったかな。

 スマホの懐中電灯機能を使って、ブレーカーをいじくる。改めて、スイッチオン!

 カチ。カチカチ。カチカチカチ…。

 ...ふう。スマホの充電は残り少ない。一息ついて、電源を切って真っ暗な部屋をぼんやりと眺めながらどうしようか考えた。

 まだ荷ほどきをしていない荷物が床に転がっているのだろうけど、部屋全体が陰気臭くてその底は暗闇に溶けて良く見えない。

 またネットカフェに行くか。飛行機で爆睡したし。寝ようと思えば、布団に横になることはできるけど。

 しばらく光の通らない部屋を見つめていたら目が慣れてくるもので、どこに何が置いてあるかよく分かるようになる。部屋に放置されていた物たちの、私を見つけてという主張が聞こえてくる。

 そういえば、なぜまだ電気は通ってないのだろうか。そういうものなのか。それとも契約ができていないのか。

 明日、親に電話して確認してみよう。いやそれより東京電力か?と思いながら、確かな足取りで部屋を進んだ。

 部屋の何にもぶつかることなく、部屋の一番奥のベットまでたどりついた。なんとなく、そのことが嬉しかった。ベッドに横になる。

 やっぱり充電が切れてもいいか、と思ってスマホの電源を入れて、懐中電灯をつけた。光を向けて、段ボールの中に入ったままの本の中から一冊取る。スマホの光を頼りに読み始めたら、いつのまにか、自然と目は閉じられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 あ、一週間くらい前から電気ガスは通ってますよ。

 原因は、親に頼らず自分でなんとかしなさいねって話でした。