Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

今年も無情にもこの季節

 去年のクリスマスは中国語のテストがあったので勉強をしていた。今年はどの科目も早めに中間テストが終わったため穏やかにクリスマスを迎えられそうだ。

 11月の上旬、12月のシフトを提出してくれと居酒屋のバイト先から言われた。12月は忘年会シーズンなので繁盛期。店側からすればできるだけ働いてもらいたい時期だ。そして職種関係なくクリスマスイブのシフトはマイナスになりがちだろう。クリスマスに幸せではなく嫉妬を感じる側の自分は、何も予定などないのに何となく見栄を張ってその日は×印をつけてシフトを提出した。まだ希望はあると己を騙して。おそらく人が足りないから誰か入ってくれないかと言われるだろうから、そしたら入ろうと考えていた。

 後日、やはり店長から人が足りない日がいくらかあるので誰か協力してくれとのご令達が下った。無意味でちっぽけなプライドを保とうとしたが、ぼっちはぼっちで変わらず。スマホのカレンダーの24日は何も書きいられることはなく、皮肉にもその空白は目立っていた。クリスマスイブに一人で過ごすのも寂しいのでイブはバイトに精を出すか。バイトを言い訳にしてクリぼっちを回避しよう。そう画策した。

 さも仕方がないのでと言わんばかりの雰囲気を漂わせ、貧乏くじを引く役を立候補した。

「店長、俺24日シフト入りますよ」

 自分の心の内など気に掛けることもなさそうに表面だけ捉えた様子で店長は言った。

「ああ~24日はもう足りたからいいよ」

 予想外の返答だった。唯一クリスマスイブに自分を受け止めてくれると思っていたその場所は無情にも自分を拒絶した。

 晴れて真のクリぼっちになってしまった。年末までシフトを組んでしまったため実家に逃げ帰るという選択肢をとることもできない。いや、実家でクリスマスを迎えるのが最も屈辱的な気さえする。理系ばかりの大学の周りの友達を見渡しても聖なる、もとい性なる夜を迎える人間は多くない。彼らには見栄を張らずともそもそも同じ穴の狢だから気負いすることもない。しかし華の大学生(20)が実家のこたつでだらだらしている様子を見て、親は息子がいてくれる喜びの中に同情の視線を向け、姉は小馬鹿にするに違いない。そう思うとまだ似た者同士で傷を舐め合って過ごすほうがマシな気がするのだ。

 未だ奇跡的な何かで24日に予定が入ることを夢見る同類が思いつかないわけではない。現実を突きつけて真のぼっちだけは共に回避しよう。

 今年も夜は鮮やかなイルミネーションが街を彩り、澄み切る夜空に瞬く星が一層美しい季節となった。しかし、昼を歩けば木枯らしは吹きすさび寒さもひとしお身にしみる。