Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

オーストラリア留学記 #25 愉快さと寂しさ感じるクラスメイトとの飲み

 集まったのはブリスベン市内のタイ料理レストラン。おそらくクラスメイトのタイ人の女の子のチョイスだろう。早すぎる時間に行って1番ノリすると楽しみにしていたみたいで恥ずかしいのでちょうど集合時間5分前に行った。以外にも既にほとんどのメンバーは来ているみたいだった。取り越し苦労だったかな(笑)。

 遅刻の常習犯の肩書きがほとんど定着してしまっていた自分に「おっ、ちゃんと時間どおり来たじゃーん」などとクラスメイトにからかわれがながら席に着く。

 ーー朝の通学じゃあるまいしディナーなんだから遅れねえよ。いや、ディナーじゃなかったとしても遅れないけどさ。

 自分のクラスでは毎週一回ぐらいクラスメイトで集まってランチ、もしくはディナーを食べることになっていた。コリアンレストランに集まったり大学のキャンパス内の芝生で弁当を食べたりバーベキューをしたり……。だがそれも今回で最後になる。明後日には自分は日本に帰ることになっているし、自分以外にも短期で留学に来ていて同じ日に日本に帰ることになっている人もいる。日本に帰ったらこのメンバー全員で集まることはないだろう。そう思うとまだ明日も会うのだけれどもちょっとジンとするものがあった。

 メニューを回し見しながら、タイ人のクラスメイトに「これ何?辛い?」と質問を飛ばす。くだらないことを喋りながら「このスープ酸っぱい!」などと言って笑う。スマホにむかってピースをする……。色々喋っていたはずだけど文字にするとこれだけにしかできない。不思議なものだ。

 「この後飲み行こうよ」と言ったのはクラスメイトで唯一の日本人男子。もちろんとても仲良くしている。他に特に仲良くなった日本人7人でディナーの後飲みに行った。

 酒屋でビールやスミノフ、梅酒、ウイスキーなど自由に酒を買いまくり、つまみもほどほどに軽い宴会となった。たまたま居合わせた知り合いから後から聞いた話だが、周りの客からその騒がしさでかなり目立っていたらしいので、軽い宴会だったとは言えないかもしれないが。それに愉快な飲みだったのは事実だ。

 全員出身も大学もバラバラ。田舎育ちの人間もいれば完璧な都会っ子もいるし地方の大学の者いれば東京、大阪の大学に行くやつもいる。それぞれの大学や出身の話なんかで盛り上がった。

 それぞれがバラバラの場所に帰ることを認識すると、日本に帰ったらこのメンバーで集まることは……なんてことをまたちらっと考えなくもなかったがビールと一緒に飲み込んだ。ビールが少し苦く感じた気がする。

 2度目だが、クラスでは日本人男子は自分含め2人しかいないので、後の5人は全員女子だ。日本では理系まっしぐらの大学に行っているのもあって女子ばかりの飲みというのは新鮮だった。何より女子の口から聞く恋愛話は特に新鮮以外の何物でもない。

 自分ともうひとりの男はたまたま大学が近くなのが分かっていたので日本に帰っても交流は続けられる。大学での恋愛話をろくに語れない、日本で冴えないキャンパスライフを送っている我が身を案じて、いや半分笑って、「日本に帰ったら女を紹介してやるよ」と冗談交じりに彼が言った。

 女を紹介してもらえるのもありがたいことこの上ないが、この一か月の出来事がなかったことにならないことが嬉しい。同じビールでも身に染みわたるのを感じた。