Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

たまご売ってない

今日採点バイトの研修の帰りにスーパーに寄ったのだけど......あ、採点バイトの話から日記つけようかな。文字数稼ぎついでに。 ちょっと前にもちょろっとブログで書いたのだけど、短期の採点バイトを始めることにしまして。先日試験と面接を受けてきて無事受…

おはようサン

昨晩の東京は台風すごかったですね。近所のセブンの電気が消えているのを見たのはオープン以来初めてです。いやもっと台風の猛威を表現するに語るべきことがあると思うけど、セブンの休業を見て台風のすごさを実感しました。 嵐の昨日ですが、僕は呑気に我が…

風邪ひいちった

今布団の中でスマホでこれ書いてるんだけどね、昨日の夜寝る前くらいにはちょっとやばいなって思ってた。のどが痛くて体だるおもってかんじで。いやいや、気のせいだって自分に言い聞かせてね、病は気からって言うじゃないってね、あたたかくしてぐっすり寝…

即興小説2

2度目の即興小説です。 kyogoku.hatenablog.com 今回も時間は30分。提示されたお題は「愛と欲望の光景」 前回もそうだったのですが、お題が意味不明なんですよね。......とりあえず、光景の部分は置いといて、愛と欲望と聞いてみなさんなら何を思い浮かべま…

友達の友達と友達になりたい

僕はいわゆる同じ学科の友達が少ない。ラノベか、とか言わずに続きを読んでもらえると嬉しい。学年全体を見れば、友達とは言えずとも知り合いならば少なくないほうだと自負している。しかし、どういう訳か同じ専攻にはその知り合いすら少ない。4,50人程いそ…

赤い糸と実験ペア

今日は今学期最初の実験日でした。実験というのはやはり学生生活の内のかなりのウェイトを占めるので、とても重要です。実験そのものこそ90分×3コマも使う上に、その何倍もの時間をレポートに充てなければならない。理不尽なもんだ。 今から半年間はどうした…

今学期こそはぬかりなく学業に励む、つもりです

前回の記事でも言ったんですが、昨日は採点バイトの登録に行く予定だったんです。行く予定だったというか、そのつもりでいたんですが......当日になってから時間と場所を再確認したところ、日程を1日勘違いしていたことが発覚。本当の登録日は一昨日でした笑…

お金も単位も貧しい大学生です

大学3年生、21歳、お金がなくて困ってます。 バイトを辞めて早2か月が経とうとしています。収入は月45000円の奨学金だけです。そのくせ、節約していたとはいえ夏休み中に旅行でお金をたくさん使ってしまったのでひもじいんです。ほとんど通帳すっからか…

共通の友人が少ない友人

友達と2人でご飯を食べに行きました。大戸屋に。大戸屋って学生からするとお値段高めですけど、健康的な和食が食べられていいですよね。たまに行く大戸屋が好きです。 ご飯を一緒に食べた友達は、僕がこのブログをやっていることを知る数少ない友達です。仲…

本をおススメするのはおススメしない 【『夢をかなえるゾウ』を読んで 】

友達に面白かったとおすすめされた、『夢をかなえるゾウ』という本を読んだ。有名な本だしタイトルは聞いたことがあって気になってはいたので、さっそくブックオフに行ってみたところ、1.2.3 と全てのシリーズが置いてあり値段も全て200円と安かったので全部…

夏の終わり、と言えば森山直太朗

今日大学に行きました。後期の実験のガイダンスに行かなければならなかったので。 昨日の夜に我が家に突撃してきた友達が教えてくれなかったら呑気に家で寝てたところでした。アブナイアブナイ。 大学のアカウントのメールでの告知と大学の掲示板に張り紙が…

しょっぱい部活の思い出

今週のお題「部活」 ネタに困ったときの今週のお題です。僕は小学校から高校までサッカー部でした。一応大学でもサッカーはやってますが、部活ではなくてゆるゆるのサークルです。蛇足ですが、3年生になってからあまり行かなくなっちゃいました。引退したわ…

即興小説に挑戦してみた

即興小説というサイトがあるのですが、それに挑戦しました。以前ブログで紹介されてた人がいるので真似してみたかんじです。 一応説明をしておくと、即興小説というのは、ランダムで選ばれるお題で制限時間内に即興で小説を作ってみよう!というものです。 …

誕生日祝ってくれた友達がイケメン

21才になりました。 20才になったのがついこの間のことのような気がします。1年が早く感じます、なんて言うとおじさんくさいかな。 今までは成人に向かって年を重ねていた、言うなれば右肩上がりの時期だったのが、そろそろ右肩下がりですよ的な時期に入って…

気兼ねなく、隠し事もなく(できず)、何もない。幼なじみってそんなもの。

みなさん幼なじみっていますか? 幼いころから顔なじみであればその人のことを「幼馴染」と呼ぶものだと思うのですが、「幼馴染」と言うと自然と異性のことを思い浮かべませんか?漫画とかアニメの影響でしょうか。 で、漫画のようですが僕には異性の幼馴染…

日本に帰ってきてラグビー観てたよ

日本に戻ってきました。ただいま、日本。ちょっと3週間東南アジアにいるのは長すぎましたね。日本に帰ってこれた喜びをかみしめています。 さて、話は大きく飛びますが、今日はラグビーW杯の開催試合がありましたね。ラグビーのルールもイマイチ知らないん…

バス停にて

日本に帰るべく、カオサン通りから空港へのバスに乗ろうとした時の話です。 空港からは乗り場も分かりやすく時間もはっきりしていたので簡単に来られました。が、空港に戻るのはまた別。バンコクのバスを使うのは難易度高いからやめとけって何かのサイトで見…

恋しい

日本にいる間は月に1箱も吸っていなかった。ごくまれにタバコミュニケーションをする以外の、つまりほとんどの場合は家のベランダで独り寂しさ紛らわし黄昏れながら吸っていた。 それが、この旅行の約3週間の間でほぼ3箱も消費した。完全にスモーカーだ。出…

ラオスの日本人BAR

昨日は高級(ぽい)レストランでちょっと失敗したので、今日はラオスのご当地感のあるものにしようと思いまして、そういう雰囲気の強い大衆食堂みたいなところに晩御飯を食べに行きました。ちょこちょこ外国人も見受けられましたけど、そもそも僕がが足を伸ば…

旅の恥なんていまさら

せっかくだから、ちょっと良いレストランでも行ってみようかな。 そう思って、地球の歩き方のレストランのページ左上、つまり最初に紹介されているレストランに行くことにした。なにがせっかくかというと、ここラオスの首都ビエンチャンではオモチロイことを…

海外旅行でひきこもりやってます【ラオス:ビエンチャン】

過保護の母から毎日のようにLINEが来ます。昨日は、「こちらは涼しくなってきて、『味噌汁がおいしいなあ』って父さんが言ってるよ笑。ラオスは暑いの?」と。1人で海外にいる息子が心配なんでしょうね。返すの面倒なのでLINEの頻度を落として欲しいと思って…

おっちゃん、悪いね

ここ最近の自分のブログを見返していて気づいたことがある。このブログはただの僕の日記であるはずなんだけど、日記としては書くべきことを書いていない気がする。首長族の人にあったとか、象に乗ったとか、バンジージャンプをしたとか、人に自慢したくなる…

旅先で日本人と

タイでは、日本人としゃべることはほとんどなかったんですけど、ラオスのルアンパバーンに来てからは日本語めちゃくちゃ話してます。日本語の正確にコミュニケーションをとれるこの安心感。感動。ゲストハウスでも日本人に何人か会いました。人をダメにする…

人をダメにするレストラン

ラオスのルアンパバーンには人をダメにするレストランがある。僕はそのレストランをゲストハウスで会った2人の日本人に教えてもらった。レストランの名前はユートピア。大胆な名前だと思う。彼らは、ルアンパバーンに来たは良いが予定もなく手持ち無沙汰な僕…

つらすぎた丸一日バス移動

タイのチェンマイからラオスのルアンパバーンまではバスで移動することにした。もちろん飛行機の方が圧倒的に早くて快適なのだろうけど、ケチりたいし、陸路で国境越えるのって新鮮でオツだしね。 朝9時、チェンマイの宿にピックアップしにきてくれたバス、…

安くて暖かいゲストハウス

優しいおじさん(前回の記事参照)に教えてもらった場所には本当に安いゲストハウスが建ち並んでた。1泊200バーツ(約800円)くらいの格安宿が珍しくなかった。そういう安すぎるところだと、エアコンがついてないとかセキュリティが甘いとか金額相応に削られたこ…

行き当たりばったる1日

朝9時、列車はタイ北部の都市チェンマイに到着した。バンコクからの14時間の寝台列車の旅はほとんど寝てた。Wi-fiもコンセントの穴すらもなくて超暇だった。もう寝るしかなかったよね。こうゆうときに小説の1冊でも持って来てればと思う。 チェンマイ駅に降…

【日記】世は情け

今晩に出発する寝台列車のチケットをネットで買ったのだが、そのPDFファイルを印刷して持っていく必要があった。もちろん旅行中の僕はプリンターなんてものは持っていない。ホステルではプリンターの調子が悪いとかなんとかで断られた。日本とは違ってバンコ…

【日記】独りチャイナタウンにて

目の前に座っていたおじさんが電車を降りた。空いた席に座って顔を上げると窓に映る自分と目があった。心なしかいつもより僕の顔はナヨナヨしているように見えた。頼りない。800円くらいで買ったパチモンくさいアディダスのキャップを深く被り直す。 4日間行…

【日記】バンコクのマッサージ店で大人の階段を

*この記事はタイトルの通りオトナのマッサージの(少し赤裸々な)体験談です。下品な表現は避けてますがご了解お願いします。 入ったのは「マイちゃんのおうち」という日本語の看板を掲げたいかにもな店の、隣のマッサージ屋だ(店の名前はお隣のインパクトが…