Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

バス停にて

日本に帰るべく、カオサン通りから空港へのバスに乗ろうとした時の話です。 空港からは乗り場も分かりやすく時間もはっきりしていたので簡単に来られました。が、空港に戻るのはまた別。バンコクのバスを使うのは難易度高いからやめとけって何かのサイトで見…

恋しい

日本にいる間は月に1箱も吸っていなかった。ごくまれにタバコミュニケーションをする以外の、つまりほとんどの場合は家のベランダで独り寂しさ紛らわし黄昏れながら吸っていた。 それが、この旅行の約3週間の間でほぼ3箱も消費した。完全にスモーカーだ。出…

ラオスの日本人BAR

昨日は高級(ぽい)レストランでちょっと失敗したので、今日はラオスのご当地感のあるものにしようと思いまして、そういう雰囲気の強い大衆食堂みたいなところに晩御飯を食べに行きました。ちょこちょこ外国人も見受けられましたけど、そもそも僕がが足を伸ば…

旅の恥なんていまさら

せっかくだから、ちょっと良いレストランでも行ってみようかな。 そう思って、地球の歩き方のレストランのページ左上、つまり最初に紹介されているレストランに行くことにした。なにがせっかくかというと、ここラオスの首都ビエンチャンではオモチロイことを…

海外旅行でひきこもりやってます【ラオス:ビエンチャン】

過保護の母から毎日のようにLINEが来ます。昨日は、「こちらは涼しくなってきて、『味噌汁がおいしいなあ』って父さんが言ってるよ笑。ラオスは暑いの?」と。1人で海外にいる息子が心配なんでしょうね。返すの面倒なのでLINEの頻度を落として欲しいと思って…

おっちゃん、悪いね

ここ最近の自分のブログを見返していて気づいたことがある。このブログはただの僕の日記であるはずなんだけど、日記としては書くべきことを書いていない気がする。首長族の人にあったとか、象に乗ったとか、バンジージャンプをしたとか、人に自慢したくなる…

旅先で日本人と

タイでは、日本人としゃべることはほとんどなかったんですけど、ラオスのルアンパバーンに来てからは日本語めちゃくちゃ話してます。日本語の正確にコミュニケーションをとれるこの安心感。感動。ゲストハウスでも日本人に何人か会いました。人をダメにする…

人をダメにするレストラン

ラオスのルアンパバーンには人をダメにするレストランがある。僕はそのレストランをゲストハウスで会った2人の日本人に教えてもらった。レストランの名前はユートピア。大胆な名前だと思う。彼らは、ルアンパバーンに来たは良いが予定もなく手持ち無沙汰な僕…

つらすぎた丸一日バス移動

タイのチェンマイからラオスのルアンパバーンまではバスで移動することにした。もちろん飛行機の方が圧倒的に早くて快適なのだろうけど、ケチりたいし、陸路で国境越えるのって新鮮でオツだしね。 朝9時、チェンマイの宿にピックアップしにきてくれたバス、…

安くて暖かいゲストハウス

優しいおじさん(前回の記事参照)に教えてもらった場所には本当に安いゲストハウスが建ち並んでた。1泊200バーツ(約800円)くらいの格安宿が珍しくなかった。そういう安すぎるところだと、エアコンがついてないとかセキュリティが甘いとか金額相応に削られたこ…

行き当たりばったる1日

朝9時、列車はタイ北部の都市チェンマイに到着した。バンコクからの14時間の寝台列車の旅はほとんど寝てた。Wi-fiもコンセントの穴すらもなくて超暇だった。もう寝るしかなかったよね。こうゆうときに小説の1冊でも持って来てればと思う。 チェンマイ駅に降…

【日記】世は情け

今晩に出発する寝台列車のチケットをネットで買ったのだが、そのPDFファイルを印刷して持っていく必要があった。もちろん旅行中の僕はプリンターなんてものは持っていない。ホステルではプリンターの調子が悪いとかなんとかで断られた。日本とは違ってバンコ…

【日記】独りチャイナタウンにて

目の前に座っていたおじさんが電車を降りた。空いた席に座って顔を上げると窓に映る自分と目があった。心なしかいつもより僕の顔はナヨナヨしているように見えた。頼りない。800円くらいで買ったパチモンくさいアディダスのキャップを深く被り直す。 4日間行…

【日記】バンコクのマッサージ店で大人の階段を

*この記事はタイトルの通りオトナのマッサージの(少し赤裸々な)体験談です。下品な表現は避けてますがご了解お願いします。 入ったのは「マイちゃんのおうち」という日本語の看板を掲げたいかにもな店の、隣のマッサージ屋だ(店の名前はお隣のインパクトが…

動物園inタイ

バンコクの少し郊外にある、クロコダイルファームという動物園に行きました。名前の通りワニのたくさんいる動物園ですが、ワニ以外にもトラやゾウを始めバリエーション豊かです。 *今日は写真ばっかでちょっと手抜きです… トラと記念撮影もできます。 園内…

魅惑のニューハーフショー

チャオプラヤ川は水が茶色く濁っていて、シャトルボートに乗って撮影した写真はインスタ映えはしなさそうだった。でもタイらしいといえばそう言える。ニューハーフショーが見られるカリプソキャバレーまでは、サパーンタクシン駅から出ている無料のシャトル…

1人旅の良し悪し

基本的には1人でのタイ旅行だが、昨日からは友達が2人合流している。 やっぱり1人よりも友達の一緒のほうが楽しい。自分はお一人様主義な傾向が強いと思っていたし、だからこそ1人旅を計画したのだけれども、実際に1人で言葉も通じない見知らぬ土地で何日か…

寝大仏でけえ

ワットポーっていう…寺院でいいのかな?的なところに行きました。イマイチこの場所のとにかく、ここにはここには超でっかいお釈迦様がごろーんとくつろいでおります。 この写真だとどのくらい大仏が大きいか伝わらないと思いますが、どちゃんこでかいです(語…

カオサン通りは背伸びして

バンコクのカオサン通りはバックパッカーの聖地と呼ばれ、安宿街として発展した場所です。昔は情報収集や旅行代理店を目的に人が集まっていたらしいですけど、最近はインターネットとLCCの発達のあおりで観光地的な色合いが強くなったそう。 色んなお店や屋…

タイのタクシーにちゃんとぼったくられた

タイ2日目、ドンムアン空港近くのホステルを出発してワットプラケオって有名な観光スポットになってる寺院みたいなのに行ってカオサン通りっていうバックパッカーの聖地的な場所をぶらぶらしてました。 本来ならワットプラケオのレポートをするのが妥当だと…

なんかタイに来ちゃった

突然ですが、僕は今、タイはバンコクに来ております! 以前の記事でも宣言してましたが、今日から3週間東南アジアをうろちょろする予定です。当初は完全1人旅の予定だったんですけど、友達にこの旅行の話をしたところ彼も行きたい!とだだをこねられたので、…

姉の対人トーンは吉高由里子らしい

東京に戻って来たというのに実家にいたときのことばかり書いてるなあなんて思いますが、これは実家のリビングで姉とテレビを見ていたときのこと。 三井住友銀行のCMで、吉高由里子が「銀行じゃなくても~、コンビニで大丈夫」って言うあのCMありますよね。あ…

ひねくれものはこう考える

例えば、突然の余命宣告を受け絶望のどん底に落とされた悲劇のヒロインとそんな彼女に寄り添う恋人の残された時間を描いたストーリー、みたいな映画なりドラマなりドキュメンタリーなりを見て、みなさん思わず涙を流した経験はありませんか。 僕もそういう経…

【日記】俺の城

何もやる気がおきなくて、このまま朝まで何もせずに布団にくるまっていたい......なんて思ってボケっとしていたところだけど、一応毎日更新するのを目標にしているのでなんとかベッドから這い出たところです。何も書くことも書きたいこともないので今日の日…

夜行バスでの巡り合わせと思い出

今、地元から東京に戻る夜行バスの中でこれを書いています。消灯時間になる前に書かなければと焦ってるところです。 夜行バスは新幹線とは違って乗り換えをしなくてもいいし、寝てれば着くので僕は割と嫌いではないです。何より安い。でも、若い男の僕はいい…

ごめん、気はないんだ。なんて......

2月の終わりくらいに、スノボ―サークルの合宿があった。そこである女の子と少し仲良くなり、1か月くらいラインをしていた。 最初は女の子とラインをすることも普段あまりないので、単純に女の子とラインをするのが楽しくてぽんぽん返信していた。自分とし…

【日記】地蔵盆が地元すぎる

僕の超地元の集落で地蔵盆がありました。そもそも地蔵盆というものが一般的なのかどうか知らないんですけど…地元民は俗に「まんどうさん」とこれを呼んでいます。どういう漢字を書くかは知りません。まんどうさんが一般的かどうかもよく知らないですね。 地…

老いた愛犬が生きているうちに

ミナトが我が家にやってきたのは14年前だった。確か、新聞か何かに掲載されていたのに名乗りをあげて貰い受けた。名前がミナトなのは港町で生まれたからだ。いたってシンプル。ちなみに名前からは分かりにくいけど女の子。いや今ではおばあちゃんだ。そう、…

冷蔵庫のメヌエット

実家の冷蔵庫は開けっ放しにしていると「電気代もったいないでしょ閉めておくれよ」と訴えるかのように音楽が流れだす。僕は他人の家の冷蔵庫を開けっぱなしにした経験がないので分からないけど、もしかしたら一般的な冷蔵庫に備え付けられている機能かもし…

【日記】初めての棚卸しバイト

そもそも棚卸しが何かを僕は知らなかった。言葉のイメージから商品を棚から降ろす作業をするのかと漠然と思っていた。正しくは、正確に決算をするために在庫を実際に数えて把握することだそう。 つまり、僕がホームセンターで2日、計8時間に渡ってしたこと…