Log(きょうごく)

Log(きょうごく)

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。月・水・土曜日に更新しています。

【日記】賞金10万円のフットサルの話

 ある日、サークルの先輩(フットサルのサークルではない)から電話がかかってきた。サークルで顔を合わせることはよくあったが、所謂プライベートではほとんど交流がない先輩なので何事かと思う。「水曜の夕方から空いてる?」といきなり言われても、その用事次第では返答が変わりかねない。実際、その日の夕方は一応別のサークルの活動もあったので、全く持ってフリーというわけではなかった。ただ、行くのが義務ではないし、普段から積極的に参加しているほうでもなかったので、その用事次第では優先順位は下がるだけだ。

「たぶん空けることはできますけど、どういった用事ですか?」

 それとなしに、もしかしたら無理かもしれないという雰囲気を醸し出しながら聞く。行けたら行きます、みたいな灰色な返答をする伏線を張る。

「フットサルのイベントがあるんだけど来れない?」

 先輩はそう言って続けた。

 話をまとめると、先輩は友達と一緒にフットサルのイベントに参加することにしたが、その友達がドタキャン。その友達の分の加費2500円を既に支払ったらしく、急遽フットサルができるやつを探しているという話らしい。

 確かに自分は高校までサッカーをしていたし、サッカーサークルに所属してはいるが、そこまで熱心でもないし、あまり上手くもない。さほど仲が良いというわけでもない後輩を誘うにしては理由が弱い。ほかにもいくらでも適役がいそうな気がする。と思いもしたが、面倒事の雰囲気はしなかったし、その2500円も自分が払う必要はないらしいので快くひきるけることにした。寧ろ多少面倒だったとしてもこういうのは首を縦に振っておくほうが良いと思っている。先輩の誘いは断るなと誰かが言っていた。

 それにしても参加費2500円は高いなと感じた。しかし、その時はまだ賞金の話を聞いていなかったのだから仕方がない。

 

 そういうわけで当日、幾度となく通り過ぎたことはあっても降りたことのない駅が最寄のフットサルコートに来ていた。暇を持て余して仕方がないといった感じの若者がおよそ50人弱。想定していたより人が多くてビビってしまったが、中には初心者も普通に参加していると聞いて安心した。

 ほどなくして、全員で輪になって趣旨説明が行われた。イエー!みたいなノリとともに。

 形式は5人ではなく、6人制のフットサル。1チーム7~9人で合計8チームほどのリーグ形式。最終成績上位の2チームで決勝戦を行うといったもの。

 そして、驚きの優勝賞金が発表された。

 なんとその額10万円!

 なるほど、参加費が2500円もするわけだと納得した。優勝すれば一人当たり1万以上は獲得できる。もはやギャンブルだ。

 やはり金がかかっていると人間真剣になる。いつになく本気でピッチを駆け回った。が、春休みにサッカーどころかランニングのひとつもしていなかった運動不足の体は全くもって動かない。走ってはすぐに膝に手が着いた。

 しかし、自分たちのチームには結構上手な人が一人いたおかげか、初心者がキーパーをしていた割には勝ち進んだ。最終成績は3勝1分け。これは決勝進出確実だな、とチームに確信の空気が流れていた。

 だが蓋を開けてみると、全勝が1チーム、同成績の3勝1分がもう1チームいた。

 運命はちょっとチャラいイケメンのリーダーの拳に託された。すなわちジャンケンにたくされた。

「ジャンケンポン...!」

 

 彼は後に語った。

 あそこはやっぱりグーだった、と。

 そう言ってみんなにジュースをおごってくれたのだった。

 

 

【日記】新学期の鬱

 桜も散り始め青色の葉をつける頃、どうにも学校に行かなければいけない季節になったものだから、長い春休みに手堅く培われた昼夜逆転の習慣を始めとする様々な悪習を刷新しようと幾度も決意するのだが、早起きひとつ為しえない自分の薄志弱行にひとり忸怩たる思いを抱える。

 重い体と頭で大学に通う一週間をこれから幾度も、克明に言えば十五回になるのだけれども、繰り返すと思うと意気阻喪、やってられない。しかし、極まって志気を下げるのは実験だ。二、三、四限とその日は電気回路を捏ね繰り回して煩雑なデータをとるのに時間を費やす。二限と三限の間は昼休みで、これは逆を言えば時間が足りなければ昼休みの時間を削ってでも実験をしろと言われているような気がしてやるせない。

 実験は二人一組で行われる。気心知れた友人や、密かに思いを寄せる異性などとペアを組めれば悦ばしいのだが、もちろん現にはそうはいかず、これぞ理系の大学であると名実ともに語らんばかりの男女比率九対一という驚異の我がキャンパスに溢れる有象無象の一人だ、と顔に書いてあるような男で、どこかで見たことはあるがやはり名前もさっぱり知らない男がペアだった。

 面識ない上につまらなさそうな男と今後毎週この日は何時間も顔を突き合わせると思うと軽く朦朧とした。隣を窺うと男女ペアであったので羨ましく嫉妬を感じ、多くの人間が自分と同じような境遇であるにも関わらず、小さな自己憐憫を感じた。その女性が特別美貌に富むというわけではないが、おそらくこの大学で過ごした二、三年の間に男に少なくとも一度や二度は言い寄られているだろうと想像できるくらいには、愛嬌があるのではないか。もちろん大学に入って二年となるが、一度も女性に言い寄られたことがない自分にとやかく言う権利は本来ない。

 さて、そもそも実験というものはつまらないうえに頭を使い、憂鬱の一言に尽きるのだが、先ほども言ったとおり、さほど知らない男と肩を並べて協力して行うものだから、始めのこの時期は拍車をかけてつらい。実験の内容のことばかりを話し続けて時間を浪費することは聊か難しく、時に空白の時間が気まずく乗りかかってくる。彼は恬淡の心を持っているのか、新しい友人を作ろうという姿勢や欲がさほど見られず、彼のほうから何か話題を振ってくるわけでもなかったので、雑談と呼ぶ以外になんと呼べばいいか分からないそれをするか少し逡巡した。それでも、無味乾燥ではあったが、幾つか話題を振ったりもしたのだが、手ごたえ薄く、何を自分は頑張っているのかと青息吐息であった。

 実験のほうは意外と障りなく進んで、昼休みになる頃には十分に昼食をとる時間があった。しかし、彼と一緒に昼食を食べなければならないのか。一人学食で昼食をとるのを避けるために彼と一緒に、という気にはなれない。しかし別々に食べるのも不自然であろうので、しかたなくそんな心中はおくびにもださず当然のように一緒に学食に向かう。ああ、めんどうだ。彼が嫌いなわけではないが、一人静かに食べさせてもらいたいのが本心だ。実験をしている間のほとんどは実験のことについて話しているのだが、今はそうもいかない。何か君のほうから話してくれないか。テレパシーを送ってみたりしたのだが効果薄。そういうわけで講義や単位やサークルやらその他生活のことなどをまた適当に話す。バイト先ではどちらかと言えば寡黙で動きが緩慢な自分は、実際に末っ子長男であるので総領の甚六などと言われるが、なんだかんだ言ったもののこういうとき間を持たせるのがうまいほうだとは思う。立て板に水のように、とまではいかないが快活に話す自分を見ればバイト先の人たちは目を丸くするだろう。なぜ初対面の人間の前だと沈黙を恐れてしまうのか自分でも分からない。

 

【日記】新居の電気がまだ通ってなかった話

 2週間くらい前の話。3月の終わりごろ、引っ越しをした。新居と以前の住居はかなり近かったし家具も立派なものは持ってなかったので、台車を使って引っ越しをした。自分のプライベートが丸裸の状態で公共の場を通る。いや段ボールに入れたりしてはいるけど。なんかちょっと恥ずかしい。一日がかりでなんとかお引越しは終わった。

 しかし、新居で電気をつけようとして、スイッチを入れても反応がない。カチカチと音が空を切る。蛇口は、捻ったら元気良く水が出た。トイレも使えた。ガスは通ってないだろうからお湯はでなかった。シャワーは冷水しか浴びれない。

 家賃やら光熱費系の書類は実家に一日だけ帰った時に全部丸投げしていた。しくよろ!って感じで。二十歳の息子として親に甘えまくっているのはどうかと思わなくはないが、自立はまだ僕には早いよね。まあそのうち通るでしょう、とお気楽な気分でいた。

 引っ越しをした日は以前の住居にまだ居れたので、その日は以前の住居で寝泊まりした。それから二日間は夜はバイトだったので、あまり不便はしなかった。バイトが終わってから朝まではインターネットカフェで過ごした。今まであまりネットカフェを使ったことはなかったが、6時間で2000円はあまり高く感じない。ネット使い放題、漫画読み放題、ドリンクバーも飲み放題、シャワーも使える、さらになんとなんと大人向けのビデオも見放題と充実したサービスを考えればむしろコスパは良く感じた。ネットカフェが18才未満利用禁止なのもよく納得できる。トイレで小さいほうの用をたすとき、目の高さにAVの広告が貼ってあったし。

 その後、三日間は九州旅行に出かけた。その間に電気・ガスは通るでしょうと思っていた。全く関係ないけど、九州旅行の記事もあるので良かったらご覧ください。

 

kyogoku.hatenablog.com

kyogoku.hatenablog.com

 

 三日後、深夜に東京に帰ってきた。移動疲れが溜まっていたが、帰ったらようやく新居を満喫できると思うと高揚した気分になれた。うきうきしながら帰路を急ぐ。

 ただいまー!、と一人暮らしなので当然誰もいないけど、景気よく声を出してマイルームへ。そして電気のスイッチを入れる...!

 カチ。カチカチ。

 ...あれ?あ、そうか。ブレーカーか。ブレーカーが上がってなかったかな。

 スマホの懐中電灯機能を使って、ブレーカーをいじくる。改めて、スイッチオン!

 カチ。カチカチ。カチカチカチ…。

 ...ふう。スマホの充電は残り少ない。一息ついて、電源を切って真っ暗な部屋をぼんやりと眺めながらどうしようか考えた。

 まだ荷ほどきをしていない荷物が床に転がっているのだろうけど、部屋全体が陰気臭くてその底は暗闇に溶けて良く見えない。

 またネットカフェに行くか。飛行機で爆睡したし。寝ようと思えば、布団に横になることはできるけど。

 しばらく光の通らない部屋を見つめていたら目が慣れてくるもので、どこに何が置いてあるかよく分かるようになる。部屋に放置されていた物たちの、私を見つけてという主張が聞こえてくる。

 そういえば、なぜまだ電気は通ってないのだろうか。そういうものなのか。それとも契約ができていないのか。

 明日、親に電話して確認してみよう。いやそれより東京電力か?と思いながら、確かな足取りで部屋を進んだ。

 部屋の何にもぶつかることなく、部屋の一番奥のベットまでたどりついた。なんとなく、そのことが嬉しかった。ベッドに横になる。

 やっぱり充電が切れてもいいか、と思ってスマホの電源を入れて、懐中電灯をつけた。光を向けて、段ボールの中に入ったままの本の中から一冊取る。スマホの光を頼りに読み始めたら、いつのまにか、自然と目は閉じられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 あ、一週間くらい前から電気ガスは通ってますよ。

 原因は、親に頼らず自分でなんとかしなさいねって話でした。

【雑記】嫌われ者と如何に向かはんか

 自分の周りに、最近嫌われている人がいる。あいつはヤバイ、と。芸能界風に言えば、激しいスキャンダルに見舞われていると言ってもいいが、庇う人はいない。その人をAと呼ぶことにしようか。部分的には本人も気付いているところもあるかもしれないが、裏での相当の言われ様は恐らくAは気付いていないだろう。

 本人のいないところで、そのAのエピソードを酒の肴にして飲み会が盛り上がったりする。特に最近はその傾向が強い。嫌われている理由は、異性関係であったり、金銭関係であったり、SNSでの振る舞いだったりするのだが、控えめに言っても自分も肩を持つ気にはなれない。ただ、そんな話題で酒を飲むのは楽しくない。

 

 小学生のとき、特別学級というのがあった。自分の学年にはその特別学級に通っている同級生が一人いた。世の中には、周囲の大人で特別学級を進める人がいて、一般のクラスに通うか特別学級に通うか微妙なところだという生徒もいるだろうが、彼の場合は誰もが特別学級がいいだろうと認めたのだろうなと思う。そんな同級生がいた。

 彼が同級生達から嫌われていたということはなかった。少なくとも、Aを取り巻くような空気は全くなかった。だが、進んで彼と仲良くしようとする人もほぼいなかった。冷たいかもしれないけど、そういうものだと思う。同級生と仲良くするのは義務ではない。

 それでも当時、時に彼に自ら話しかける人もいた。そういう場面を見たとき、まだ子供だった自分は、しっくりとしない感覚を体に溜めていた。

 特別学級の彼に自ら話しかけていた同級生は、彼と親しくなるために話をしようとしていたのだろうか。そんな人はいないと断言するつもりはない。しかし「僕は、私は、この特別学級の子とも分け隔てなく接するんだよ」というスタンスを見せつけているようにしか自分は受け取ることができなかった。昔はその感覚をこんな風に言葉にして表現はできなかったとは思うが。

 

 話はAに戻る。つい最近飲み会があった。Aも参加していて、例によって他の飲み会の参加者はAを避けていた。Aがテーブルを移動して誰かに絡むと、絡まれたやつは周りの人間を一瞥して、早々とターゲットを変えさせようとする。同じテーブルの別のやつたちは顔を反対側に向けて巻き込まれないようにする。Aを避けてテーブルを移動するやつもいる。AがS極を向ければS極を、N極を向ければN極を向ける。自分もその磁石を敏感に動かした。

 その状況を理解すれば、これはもう立派ないじめではないのかと外部の人間は思うかもしれない。実際、そうではないと否定もできない。Aと親しくしていると周りの人間に思われたくないからという理由でAを集団で避けるのであればいじめか。そういう側面は確実に存在するが、単純にAと仲良くするのは面倒が生じると皆考えているのが実情ではないか。

 一方で、Aを擁護するわけでもないが、不憫だとは思う。同じように感じている人もいるかもしれないが、そう感じている誰かが敢えてAと仲良くすれば、特別学級の彼に同級生が話しかけていた場面を思い出すだろう。

 おそらく、もうAがこのコミュニティでうまくやっていくことは難しい。スキャンダルが発覚した芸能人や政界人は簡単には復帰できないし、いつまでもそのイメージは残る。ポジティブなイメージより、ネガティブなイメージのほうがインパクトが強く尾を引く。

 Aが嫌う人達の認識を変えることはできないだろう。自分に対してだってできないのだから。せめて、Aが陰口を言われている現状を変えたいと願う。Aのためでもあるが、それを聞いている自分のためでもある。できれば、Aのことを誰も話題に挙げなくなれば。最近のAは僕達のホットニュースランキングにランクインし続けていて、苦しい。そして、そう言って現状を変えるアクションを起こす勇気がない自分が、苦しい。

 

【日記】昨晩の記憶がないときの朝

 いきなり目が覚めた。もしこれが漫画だったらパチリ、という文字がついてるだろう。10時半には学校に行かなければいけない。時計を確認すると、なんとまだ6時だった。

 昼まで寝てしまったとき、早起きしたら色々できたのにと思うときがある。1日が短くなったなあと。なのでとても得した気分になれた。

 のどがカラカラに乾いていたので、机の上のペットボトルに半分ほど残っていたお茶を一気に飲む。体中に水分が巡りわたり、手足の先まで吸収された気がする。とりあえず酒の残った気だるい体をさっぱりさせようとシャワー室に入ろうとしたとき、見覚えのないクロックスが玄関に転がっているのに気付いた。

 この薄汚れた黄色いクロックスは俺のではない。むしろ俺が昨日履いていたはずのナイキのシューズはどこに行った?

 瞬間、昨日の記憶をフラッシュバックさせる。

 昨日はサークルの新入生歓迎会だった。二次会に行って、サークル内でヤバイと噂されている奴のエピソードを、本当はそんな話で盛り上がる空気が面白くなかったが、ハイボールと一緒にその気持ちを腹に流し込みながら適当に笑って聞いていた。

 店員がドリンクを訪ねる。友達がお前もハイボールでいいっしょ、と俺に確認した……。

 思い出せるのはこれが限界だった。

 顔から若干血の気が引く。

 この薄汚れたクロックスは見覚えがある。バイト先の、油やら生ごみのカスやらで床が汚れたキッチンで使われているクロックスと同じ汚れ方だ。多分、これは昨日二次会で行った居酒屋のものなんだろう。自分の靴はその居酒屋にあるはずだ。そして、それはともかく、俺はどうやって帰ってきたんだ。

 以前にも似たようなことはあった。忘年会の時も潰れたが、そのときは誰かが自分を家まで送り届けてくれたらしい。今回もそうかもしれないと初めは考えた。

 だが、おそらく違う。例えば自分が、自分ではまともに起き上がったり歩いたりできないほど酔っぱらっていたとしたら、送り届けようとしてくれた誰かが店のクロックスを自分に履かせることはさすがにないだろう。全く覚えていないが、自ら居酒屋のクロックスを履いて、自分の足で帰ったはずだ。

 それにしても、誰も俺が店のクロックスを履いていたことに気付かなかったのだろうか。もしかしたら、解散よりも早く一人で帰ったのだろうか。もしくは、気づいていたが、面白いからそのままにしておこうと誰かが言い出したのかもしれない。

 なんにせよ、今日学校に行った後にこのクロックスをもってその居酒屋に行かなければならないな。

 ここまで昨日のことを想像していて、まだあるかもしれない問題の可能性に気付いた。

 ポケットに入ったままだった財布の中身を確認する。1万円札が2枚入っていた。金が減っていないことを確認するのには分かりやすかった。

 金が盗られていなくて良かったと安堵したというわけではない。むしろ逆だ。二次会の代金を払っていない。誰かが立て替えてくれたんだろうと察しが着いた。

 今日も新入生歓迎会がある。スマホで「酔わない飲み方」と検索をかけてみた。

 

【日記】九州旅行 後半 別府ー地獄温泉

  読む必要はあまりないけど、前半の記事も良かったら読んでね。

kyogoku.hatenablog.com「こいつ寝起き悪いから覚悟しとけよお」

 京都旅行に一緒に行った友人が言った。

「京都のとき起こしても全く起きなかったんだよ」

 確かにあのときは他の友人たちが起きた時間と自分が体を起こした時間に3時間くらいの差があった。その非は認めよう。自分のいびきがうるさいらしいことも受け入れよう。

 だが、自分は天邪鬼な人間だ。起きろと言われれば寝続ける。寝ててもいいよと言われれば枕を投げつける。だから寝起きが悪いと指摘された自分は、そうされなくても寝起きの顔に水をかけられたかのように起きて見せた。

 それでも最後に起きたのは自分だったはずだが、起きろという呼びかけにおそらくすぐに反応したであろう自分が面白くないという彼の表情が愉快だった。

 九州旅行二日目、大分は別府に移動した。別府は温泉が有名な観光地である。という程度の知識だけもって訪れた。なので、別府に来たはいいが、どこに向かえばいいのか分からなかった。駅に所せましと置かれているたくさんのパンフレットは、僕たちをどこに向かわせたいのかはっきりとしない。駅にある総合観光案内所の前でパンフレットをぱらぱらとながめていると、その案内所のおじさんが話しかけてきた。

 「君たち、学生と?そか、学生か。それならここの5つの温泉とこっちの2つの温泉とロープウェイをタクシーを借りて16000円で回るプランがあっちょん。ロープウェイからの景色がそら綺麗やに。いや、桜はまださいちょらんけどな。なんせ標高が高いけん。寒いんや、桜にはな。ああ、それじゃなきゃバスだな。バスだとな…」

*大分弁が不自然だと感じる人がいるかもしれませんが、印象はおおまかこんな感じでした。あと今が桜見ごろみたいですね

 おじさんの口調は陽気で、どこかうさんくささも感じた。家にいきなり訪れた訪問販売員のセールスマンに対するような警戒心を働かせ、どんな高い観光プランを提示されるのかと身構えた。だが、意外にも有益な情報を多くもらえた。おかげで、どこが有名な場所かをピックアップし、それらを一日で回るプランを立てられた。さらに学生だと一日700円でバスが乗り放題になるチケットを教えてもらった上に、どこでどのバスに乗ればいいのかまで細かくメモに書いてもらった。まさにおんぶにだっこ。初めに不審者を見るような目を向けてごめんなさい。総合観光案内所を舐めていたと反省せざるを得ない。

 さて、肝心の温泉だが、写真の紹介で勘弁してもらおう。いちいち感想を書いていたらきりがない。じゃあこれはなんの記事なんだとツッコミをいれたくなる人がいるかもしれないが、これはただの日記だ。自己満足。

f:id:Kyogoku:20190331050813j:plain:w10

血の池地獄

f:id:Kyogoku:20190401133859j:plain

竜巻地獄

f:id:Kyogoku:20190331050706j:plain

白池地獄

f:id:Kyogoku:20190331050746j:plain

海地獄

f:id:Kyogoku:20190401134032j:plain

鬼山地獄

f:id:Kyogoku:20190401134344j:plain

かまど地獄

f:id:Kyogoku:20190401134557j:plain

鬼石坊主地獄

  地獄温泉巡り、と聞いて色々な温泉に入って巡るものだと思っていた。が、実際は見るだけ。確かに摂氏90度など人間が入れる温度ではないが。

 足湯は入られる場所がいくつかあった。温泉巡り終盤、歩き続けて棒のようになりかけていた足を回復させたときは、その効果に感激した。こんなに疲労が取れるものなのかと。

 ちなみに海地獄には熱帯魚がいたり鬼山地獄にはワニが飼育されたりしていて、様々な色をした熱湯が湯気をもうもうとさせている様子を見て回るだけに留まらない観光要素があった。

 温泉巡りの後は、明礬温泉という温泉で一日の疲れを流した。

f:id:Kyogoku:20190401165246j:plain

明礬温泉

 ちなみに宿は別府駅近くのゲストハウス。ゲストハウスって利用者外国人ばかりなんだね。

 

【日記】九州旅行 前半 福岡

 世の大学生ないし若者たちがどうかは知らないが、自分が旅行じみたことをするときはノープランであるときが多い。別にノープランのほうが楽しいじゃないかと旅行慣れしたマイノリティぶるつもりはない。むしろ計画は綿密に練ったほうが楽しいはずだと思っている。だが、どうも日程と旅行先さえ決まれば後はどうにかなるだろう、と計画を立てるのが億劫になるのだ。そしてその日がすぐ近くになるまでメンバーの誰かが積極的に計画を立案するということがないというのが通例だ。

 今回の九州旅行も細かく計画が練られはしなかった。一応、大まかな流れとして、一日目は福岡、二日目は大分の別府、三日目はその間のどこかで、宿は一日目は友人宅で二日目とゲストハウスとだけ決めた。こうして文にしてみると意外とまともに計画をしていたと思えなくもないが、そこで何をして一日過ごすかは決めていなかった。

 実は去年も似たようなことをした。去年も九州に日程と宿泊先だけ決めて、似たようなメンバーで集まった。集まってから何をするか相談して、結局ラウンドワンを遊びつくした。楽しかったは、楽しかったが、別に東京でもできたことだ。

 今回も、福岡空港に朝の8時着の便に合わせてとりあえず3人集まった。が、そこからカフェで、女のいない大学の環境を嘆いたりバイトの愚痴を言ったりと中身の薄い話で盛り上がる。

 昼過ぎになってようやく、話し合いの結果、桜を見ることになり大堀公園と向かった。大濠公園の池では、アヒルボートならぬ白鳥ボートや、水上自転車といえばいいのか、あめんぼボートなるものを人々が楽しんでいた。空には雲一つなく、暖かな日差しと爽やかな風が春の訪れを感じさせる。衝動的にあめんぼボートを借りた。あめんぼの意外とスピードの出ないうえに捜査の難しい性質に文句を言いつつも30分ほど堪能した。

 その後、未だ五分咲きの桜が並ぶ通りをレモンサワー片手にだらだらと練り歩き、福岡だからラーメンという安易だが確かな理由で昼にラーメンを食べた。九州旅行の一週間前に一人の友人は共通したメンバーで京都に行ったときも昼は二連続でラーメンだったが。

 夕方にもう一人の友人と合流し、天神でもつ鍋の食べられる居酒屋で飲んだ。誰が言い出したか、昔のクラスメイトの女の子が、見違えるほど可愛くなっていることが話題になった。昔はあのメガネっ子可愛いとは思わなかったのに、と自分が言えば、俺は昔からそのポテンシャルに気付いていたと豪語するやつ。いちご100パーセントの東城を思い出した。

 友人宅に泊まる前にスーパー銭湯で一日の疲れを流れおとす。もはや自分の中では定番化しているが、シャンプーを洗い流している友人の頭にこっそりとシャンプーをかけ続ける、よくあるあの悪戯。考えたやつ天才かよ、と笑う友人。されるほうの身になってみろと嘆く被害者の友人。

 そして一日目の宿の友人宅。決して広くはないアパートの一室に4人寝るのだから持ってきた寝袋が活躍した。

 多少ノープランでも楽しいよねって話。