Log(きょうごく)

きょうごくのLog

都内在住の大学生の日記風ブログです。いや日記です。

ちょっと考えすぎかな

 およそ僕の常識では頭が追い付かない友人がいる。「常識とは18歳までに集めた偏見である」という格言があるらしいが、それなら18才と3年で変わろうとしている僕の常識と呼んでいた何かはやはり紛れもなく偏見だったのかもしれない。僕は恋愛感情と異性間のボディータッチやスキンシップとは無関係に在るものだとは思えないし、その先には性的関係が座り込んでいるものだと思っていた。それが常識だったのだ。だがそうだとすると、彼女は僕の知る限りありとあらゆる異性に対してもれなく恋愛感情を抱いては撒き散らかしていることになる。しかしそういうことではないようだ。少なくとも僕はこれは偏見だと感じている。加えて言うならば異性からの好意をかき集めるために恋愛感情に受け取れそうな何かをばらまいているわけでもなさそうだ。ただ、受け取る側がどう感じるかは別問題であるし、ついでに彼女は割とかわいいので、面倒なことが起きなくもない、っぽい。僕は彼女の恋愛指向ないしは性的指向については考えることを放棄していた。彼女はそういうもんなのだと生のまま飲み込んで消化せずにいた。

 ところで『恋癖』という漫画を僕は昔から読んでいる。ざっくり言うとクセの強い恋愛観を持つ大学生たちを描いたラブコメだ。最近、この漫画を「性的マイノリティの群像劇だ」と指摘する感想コメントを見た。そのコメントで、アセクシュアルやリスロマンティックなどの単語を知った。それをきっかけにセクシュアリティについてネットで調べてみた。想像以上にその世界は分節化されている。

 僕の理解の範疇を超えている彼女のセクシュアリティ?にも名前が付けられていないだろうか。彼女のセクシュアリティを勝手に分類するのはおこがましいとも思うけど、胃の中に在り続けるなにか消化不良を解決したいがための自分本位で探った。しかしその答えを見つけるには僕は彼女のことをそんなに知ってなどいない。そもそも彼女の過去の恋愛話など有無も含め聞いたことがないので判断材料に欠けた。スキンシップも含めなんだか説明しきれないような、形容しきれないような独特さが彼女にはある気がする(事実異質なエピソードに事欠かない)のだけど、そんなうまく言葉にもできない情報を頼りにしても僕を満足させるような用語はどこのサイトにも見つからなかった。それとも僕がいろいろと考えすぎだろうか。彼女に頻繁にポエムメッセージを送るという男性がいるらしいのだが彼を馬鹿にできないかもしれない。勝手に特別視して彼女の姿を自分の世界に探している。

 女子同士では男に比べて普通の友人関係でもスキンシップが多い気がするのだけど、彼女にとってはそれがソフレの域まで延長されかつジェンダーの壁を破っているのだと言葉にしてみると、全然的を射ていないような感じもするけど今のところ一番しっくりくる。読んだ人は意味不明だと思うかもしれないが書いている僕も意味不明だと思う。僕にとっては友人関係の延長とは呼ぶには少し特別なものだが、彼女のほうではそうではなくて、僕はきっと友人Cみたいなもんなのだ。それを踏まえて最初にそう呼んだように彼女は結局のところ友人だ。ソフレもフレンドだ。

 自分の話をすると、例えば肩を寄せるだけで得られる多幸感やソフレ(のようななにか)以上の関係を求めない自分に驚いている。いっそ新鮮だ。変にセクシュアリティについての知識が最近増えた僕は、自分のほうこそノンセクシュアルとかなんじゃないだろうかとすら思ったが、男友達と近々行く予定の学生コン(コロナのおかげで行くかどうか検討中なんだけどね)にわくわくしてワンナイトの妄想すら膨らませているぐらいだし、性欲が強いとも思えないが経験的に考えてもどうもそれもやっぱり違う気がする。彼女とは無関係にカノジョが欲しいと思うが、僕の妄想するカノジョとの時間の過ごし方は彼女との時間の過ごし方と本質的に何が違うのか自分でもよく分かりもしないし、それならカノジョを作らずとも彼女との友人関係を良好に保てばいいじゃないかということになる。違いが体の関係を持つかどうかにあるのなら、風俗にでも通えばいいことになってしまう。でもそれは寧ろ空しいし、やっぱりそこらへん抜きでカノジョは欲しい気がするぞ? それとも独占欲に関わるのだろうか? 彼女は独占したいと感じないけどカノジョは束縛したくなる存在みたいな......たぶんいやぜんぜん違うわあ。繰り返しになるけどとにかくカノジョ欲しい。

 文字にしてみたらストンとくるものがあるかなあと思ったけど、こんがらがった糸をそのまま張り付けたみたいな文章だけが残った気がする。まあでもなんか満足したから、思考のログをここに残して頭からっぽにしておこうかな。あと最後にいつも通り知人にこのブログが発見されないことを願います。

最近のことと、300円のジャケット

 しばらくブログを更新していなかったので書きたいことがたくさんあるのだけど、どこの誰でもない僕の近況報告に誰が興味があるのだろうと思う。でもそんなこと言っていたらこのブログという名の日記の存在意義が怪しくなるので、ここ2,3週間のことをだらだら書きましょうかね。

 

 3月の頭から1週間ちょっとマレーシアとシンガポールに友達と4人で旅行に行った。有名スポットを回っては写真を撮りまくる観光旅行、楽しくなかったわけでもないけど、インスタすらしていない僕はちょっと疲れたかな。特にマレーシアの有名なツインタワーで広角レンズを駆使し、ポーズや角度の試行錯誤を繰り返すこと約1時間は友人たちの底知れぬ現代力を感じた。僕1人で行ったら10分とそこにいなかったろう。あ、これはともだちを揶揄しているわけではなくて、寧ろ自分も写真に興味くらい持ったほうが人生楽しいだろうなあと思ったという話なんだけどね。別にインスタを毛嫌いしているわけでもない。渡世が下手なだけ。

 あと、シンガポールで風俗に行き、僕は晴れて素人童貞となった。21才の大学生としてはあまりにも赤裸々な告白ではないだろうか。いや、よくある話なのだろうか。ともかくこの記事が知人に見つけられないことを願う。ちなみに不慣れな運動にただ疲れただけで、僕は30分かけても達することができなかった。残ったのは複雑な喪失感だけ。もう当分そういうところに行きたくはない。やっぱりあれだな、大事なのは愛なんだな。乙女みたいだが割と真剣にそう思っている。

 そういえば、コロちゃんのおかげで今マレーシアとシンガポールは外国人の入国が禁止されている。渡航していた日本人は14日間のホテル滞在などが必至らしい。僕もあとすこしで鎖国に巻き込まれるところだったと思うと肝が冷える思いだ。旅行中、心配性の母さんが何度も大仰なラインをよこしてくれたものだけど、僕も楽観的すぎたかもしれないなあとちょっとだけ反省している。ちなみに地元の田舎では最近海外渡航した人や東京から帰省した人やらがまるで犯罪者かのように語られているらしい。我が母も「きょうごくが海外行ってたって人に言わないようにするからね!」と言っていたが田舎の排他的というか、悪いところがでてるなと思う。

 

 話は大きく変わるが、先日後期の成績が発表された。以前の記事で単位がヤバいだの留年するかもしれないだのとさんざん書いたように思うが、そういうわけで僕にとっては人生を左右する重大発表だったのだ。結果、僕は無事留年しないで済むことが明らかとなった。いやあ安心した。手ごたえの薄かった期末テストの点数を自己採点しては不安になり、終わったことだと割り切ろうとしては何度繰り返したか分からない単位数の計算をした日々とはもうおさらばだ。ちなみに、本当にギリギリだったので僕は研究室に加えて普通に授業も履修しなくてはならないのでむこう1年間の忙しさが思いやられるのだが、今は考えないこととする。一方で、部活とかバイトとか例えばバンド活動とか何かに自分を捧げている人が確かにいるのに留年しない彼らの1日は僕の生きる24時間とは時間の流れ方が違うのではないのかと疑われて仕方がない。仕方がないので何かに自分を捧げた結果留年した友人たちを見てはちっぽけな自己肯定感を大事にしている。上ではなく下をみて精神の安定を図るスタイルである。無事進級した旨を両親に報告すると、あんたは昔から親に迷惑をかけない子でえらいねと言われた。自分でも意外に思うのだけど、それがなんだか嬉しかった。意訳すると、安上がりな息子で助かるよということなんだけど、不思議と嬉しかった。

 

 あと、すごくどうでもいい話をひとつ。

 

   f:id:Kyogoku:20200320000408j:plain       f:id:Kyogoku:20200320000451j:plain

 
 このジャケット、青山で購入したものなんだけど、驚くなかれお値段たったの300円だった。これ店舗の外のセールス品のカゴの横に置かれていたのだけど、なにげなくそのジャケットに手をかけて値札を見たとき、桁をひとつかふたつ間違えているに違いないと疑った。しかし店員さん曰く、古いもので日焼けもしているとかなんとかでそのお値段らしい。古いといっても古着ではないし、なんなら古着屋においてある服のほうがよっぽど不可解な高額な値札が掛けられているくらいではないだろうか。サイズはSだったのだが、痩身な僕にはこれがなんとまあぴったりだった。どうせ腐っても300円だしと思い衝動買いだけど迷わず購入。店員さんがスーツとかを買ったときにしてくれるカバーを300円のジャケットにしてくれたので可笑しかった。カバーの中身よりカバーの方が高そうだねえ。

したいこと

 明日からマレーシア&シンガポール旅行へ1週間強行く予定なのだけど、なんにも準備をしていない。ていうか何を準備するべきか分からない。服を3日分ほどバックパックに詰め込む以外にすることがあったら教えて欲しい。宿は友達がノリノリで探して予約した。当初買う予定のなかったSIMも僕の分まで買ってくれた。向こうの観光スポットは有名なツインタワーがあるんだっけ?くらいしか知識がないけど、友達がたくさんリサーチしているこったろう。ちなみに、今朝そんなことを電話してきた母に喋ったら、あんた子供のころツインタワー見たじゃない、当時世界一の高さだったのよたしか、覚えてないの? と言われた。へえ、知らなかった。そしてどうでもいい。 

 完全に他の友達と旅行への温度差があるのを感じる。別にマレーシアもシンガポールも興味ないし、国内旅行でいいし、なんなら日帰り温泉旅行でもいいし、朝まではしごの旅とかしたいし、もはやカラオケオールでもいい。要はそのメンバーで集まってなんかはしゃぐということが重要なのだと思う。別に海外まで行かんでも。

 一緒に旅行に行く友達たちが短期留学とはいえそのメンバーだったくらいだから海外への、英語へのといってもいいかも知れないけど、そういうことへの抵抗が少なめなのだろうか。別に僕含めてみんな英語力はしれたもんだけど、どうにかなるということを肌で知っている、気がする。おそらく僕が1番 " なんとかなるさ" 的精神を持ち合わせていると思われているだろう。しかし、海外旅行というものへの一種の盲目的崇拝のようなものを受け取れる。

 マレーシアとかシンガポールとかよりも僕の興味に沿うこと、そうだな街コンにでも誘ってくれる友達がいないかなと思う。ていうか今まさに街コンに行きたいって書いてみてから、旅行から帰ったら絶対行こうと思った。街コンって2人で参加ってイメージあるけど、1人でも行けるかな? 誰か一緒に行ってくれる人探さなきゃかな。いや、やっぱり1人で行く勇気はないから誰か一緒に行ってほしい。

 そうそう、海外旅行なんかよりも恋をしたい。恋は盲目っていうけど、誰かに盲目的に恋したい。乙女かよ、と言われるかもしれないけど、つい最近久しぶりに会った仲良しの高校の友達が相席居酒屋で彼女をゲットしたエピソードを聞いて羨ましかったし本当にすごいと思った僕は今、恋に恋している。いやずっと前からそうか。でもとにかく、関ジャニの錦戸と村上を足して2で割ったような無害そうなイケメンで棘がなくて社交的で素直で僕がもし女だったら間違いなく惚れていると断言する、そんな友達に今まで彼女ができなかったことを心底不思議に思っていたし、彼自身も自分でそう言っていたし、そんなところも含めて素敵なんだけどなあと思い、世の女の子たちは見る目がないもんだと思っていた。しかしその彼にもとうとう彼女ができた。今まで彼女が欲しいと呪文のように唱えまくっていたけど、これじゃあいかん。と分かってはいるが、昔から行動力が伴わない。結局は本気で彼女をつくる気なんてなくて、どっかの可愛いこが何故か自分を好きになってはくれやしないかと夢見ているのかも。いや、そうに違いない。……backnumberの歌詞みたくなっちゃった。

 そうだ、僕が今住んでいるのは東京だ。大学での出会いは皆無だけど、同じような地方の大学生と比べれば希望に満ち溢れているはずだ。大学入学のために上京してほぼ3年経つが、僕はあまりにも東京に生きていない。行こうと思えばいつでもすぐに行けるのに23区内にも全然行かない。長期休みの度にどこか遠くへ足を伸ばしていて、自分の手の届く範囲を全然見ていない。友達が彼女をゲットした相席居酒屋は確か渋谷にある。

 なんて書いていたら本気で旅行が面倒になってきて、これはこれでいかんね。

見えない追いかけっこ

「俺の友達を一晩泊めてあげてくれん?」

 とっても仲良しの友達からラインが来た。

 意味不明やなと思いながら、「いいよ、ウェルカムって言っといて」って返信した。

 

 次の日、その友達の友達はインターン最終日の飲み会後にやってくるとのことだった。僕は駅近くのサイゼリアで時間をつぶして彼が来るのを待っていた。バイトから家に帰ってまた駅まで迎えに行って、が面倒だったから。ドリンクバーのコーヒーが終わっていて大変残念だった。代わりにコーヒーゼリーを注文した。

「駅に着きました。これから向かいます」

 2つも年上であるはずの彼は律儀にも敬語でラインしてきた。焦った。向かいます? 僕は今サイゼリアコーヒーゼリーを崩している。

「駅に迎えに行くよ」

 年下のくせにタメ語で返信した。きっかり1分待ったけど既読はつかなかった。すぐにお会計をして飛び出した。コーヒーゼリーはアイスクリームが乗っていてかきこむには冷たかった。

 駅からウチまでは歩いて10分の距離。急げば先に家に着くはず。途中何度もラインを確認したけどやはり既読はつかなかった。来てもらわなくても大丈夫です、という無言の配慮が見えた。彼の配慮を無下にはできない。大通りをさけて小走りしながら僕はいったい何をやってるんだろうと思った。

 既読がつく前にウチについた。窓を開けていたせいで部屋の空気が冷たい。窓を閉めて暖房をつけこたつのスイッチをオンにした。息を整えながらソワソワしていたら間もなくラインが来た。

「いえ大丈夫です、着きました。何号室ですか?」

 その前のメッセージから15分。もっと道に迷ってくれて良かったのに。部屋は充分あったまったかなと思いながら部屋番号を返信した。インターホンが鳴った。

 

 次の日の朝、遅くまでおしゃべりをしていたせいで寝不足であろう彼は部屋を出ていった。ホテルでもネカフェでもどうにでも都合がつく一泊を友達の友達という名の他人の部屋に泊まったのは面白いほうに1票を投じてみたと言っていた。なるほど、少し面白かった。感覚の若干ずれてる気のした共通の友人の提案も頭ごなしに否定したもんじゃなかったな。今度もし会うことがあったらサイゼリアからウチまでの追いかけっこは笑い話にしよう。

ずるいよね

 バイトからの帰り道、めっちゃ久しぶりだね、な大学の友達に会った。去年の夏にオーストラリアに短期留学したときに知り合った友達だ。

 一緒の留学メンバーだったといっても留学先でいつも行動を共にしていたわけではもちろんないし、寧ろ同じ大学から来た日本人とオーストラリアくんだりまで来て親しくしてももったいないとすら僕は思ってたくらいで、とは言ってもやっぱり日本人同士の肩の力を抜けられるつきあいに逃げたりもして、まあまあぼちぼち仲良くはなった、みたいな友達だ。留学後にご飯を一緒に食べに行ったりもしたことはあるけど、交流は特に続かず大学で顔を合わせることもなく、実に半年ぶりくらいに会ったことになる。

 帰り道が一緒だったので思い出話でもぽつぽつ喋りながら小学生の通学路にもなっている道を並んで歩いていた。あのときはあんなことがあったねあいつは面白いやつだったよな去年の冬にラーメン食ったのはどこの店だったかな。長くて暗い通学路に中見の薄い会話をつなげる。日が沈む前、小学生たちはこの道を一瞬で楽しそうに駆け抜けていく。

 彼がふと、そういえば他の留学メンバーも最近は会わなくなったけどどうしているかなと言った。 

 僕には未だに交流が続いている留学メンバーが他に3人いる。月に1回くらいの頻度で飲んだりしている。共通の友人がいたこともあり留学後に親しくなったのだけど、この彼がなぜそのメンバーに入っていないのか今ではよく思い出せない。自分以外の人たちとはあまり関わりがなかったっけ。

 とにかく、留学後から今になっても一部のメンツでは交流が続いていることを彼は知らない。もちろん、来週そのメンツでマレーシアに旅行に行くことも。

 僕としてはこの彼を疎んでいるわけでもないし腫れ物扱いはしたくないのだけど、事実として留学直後はみんなまだ少しよそよそしかったはずの親密度に今では差ができた。彼の預かり知らぬところで旅行が計画されていたなんて知るとすごく複雑な気持ちになるだろう。

 だから、僕は今でも良く会うやつもいるよ、程度の曖昧な受け答えしかできなかったし、そのことで自分はずるいやつだと感じずにはいられなかった。彼が傷つくとしても正直に話す勇気も、旅行は無理だとしてもこれからまた仲良くしようとする甲斐性も僕は持っていない。ただ、彼に僕が嘘をついたとまでは言えなくても旅行のことを隠したことがバレないように他のメンツに根回ししなきゃという卑怯さだけ頭の中で働いた。

 でもこんなことは良くあることだよね、といっそ開き直って思わなくもない。以前高3のクラスメイト20人近くで集まっての同窓会もどきの会が計画されたとき、どうせなら全員に声かけて同窓会にしちゃえばいいじゃんと友達に言ったことがあるが、テーブルの隅で飲み終えたグラスのマドラーをカラカラ回してるやつがいたら気の毒だし気を使うだろ? というようなことを言われて同意を示したこともある。でもそれを気遣いと呼ぶならその気遣いがバレないようにするまでが気遣いになるし、結局は自分達のご都合だ。「金のお皿を頂いても畏れ多くて実際使えないわよね。ですから気を利かせて代わりにこちらの実用的な銀のお皿をお渡しして、仕方がないので金のお皿は私どもが頂くことにしましょう」と会うもの同士で納得し合うのだ。同じ環境やコミュニティの中でも親しいものそうでないものは当然いるし、無理に取り繕うことではないよなあ。そう思ってみるんだけど、そういえば駆けてく他の子に追い抜かれながら1人でぽつぽつ歩いている小学生のランドセルはこの通学路を歩くには重そうに見えたっけ。

このこを見てほしい

 いやあやっと終わった。テストがやっとこさ全部終わった。対留年の戦いがやっと終わった。ぶっちゃけ不安はあるけど、終わったことは過ぎたこと。人事は尽くしたつもりなので後は天命を待つほかない。とりあえず今は全力で春休みを楽しむことだけ考えたい。

 そうそう、今テストから解放された僕の頭を占めているのは忌々しい数式やらなんやらではなくこのこ、この電子ピアノだ。

f:id:Kyogoku:20200218175810j:plain

でかい

 ほとんど衝動買いしてしまったこの電子ピアノ。これは春休みの間毎日でもやりたい。ていうかぶっちゃけもう最近毎日弾いちゃってた。楽しい。おかしいな、実家にも電子ピアノあったのになぜ昔はほとんど見向きもしなかったんだろう。不思議だ。あのこはもっと愛すべき存在だった。

 しかしまあ今までは決して広くない自分の部屋を不便に思ったことはほとんどなかったんだけど、寧ろ広すぎても落ち着かないよねとすら真剣に思っていたのだけど、このこが我が家に来てからはそうとも言えなくなった。今は完全に机の上を占拠してしまっている。ていうか大きくはみ出しちゃってる。

 本当はね、このこを載せる用の折り畳み式のスタンドも一緒に買ったんだよね。でも届いた日にルンルンで説明書ノールックで組み立てたら失敗しちゃってね、しかも分解してもう一回組み立てなおそうにも不器用な僕はネジ山を潰しちゃって分解不可能不可逆な感じになっちゃたりしてね......仕方ないから机の上に載せてこうやって楽しんでいるわけなんだ。これでも弾くぶんには不便しないけど、頻繁にこたつの上と机の上を行き来させなければならないのは面倒で。このこ結構重くって。やっぱりこのこの定位置が欲しい。どうにかスタンドを修理するか買いなおすかしようかしら。でもそうなるとこたつの居場所が怪しいんだよね。う~ん、贅沢な悩みだ。

 あと、やっぱりせっかく電子ピアノを買ったから誰かを家にお招きして自慢したい。このこを、電子ピアノを買ったこと自体を自慢するような体裁を作るけど、ピアノ弾けるなんてかっこいいと言ってもらいたい。自分で書いて自分で読んで満足できるなら僕はこうやってインターネットという大海原に自分の日記のようなものをぷかぷか浮かべていたりはしないもの。誰かのために書いてるわけじゃなくて自分のため以外のなにもんでもないけど、やっぱり誰かからのリアクションがあると嬉しい。それに人に見せることは継続につながると思うし。だから夜な夜なヘッドホンをつけて自分の世界で鍵盤をたたいて遊んで大満足、とはならないから誰かに披露して月並みなお世辞でもいいから誉めてもらって承認欲求を満たしたい。そしたら毎日続けられそう、というか楽しめそう。

留年はしたくない!

 世の大学生はもう春休みだよんって人も多いでしょうか。僕はあと10日ほどで春休みなのですが……

 留年が怖すぎてやばい。

 すでに中間テストが壊滅的(9点とかだったかな…)だった科目と中間テストをすっぽかしてしまった科目の単位を諦めると留年を回避するのに僕が今期落としても許されるのはあと1科目だけとなっている。まだぎりぎりなんとか耐えられる。あと約10日でテストは3つ。頑張れ俺。踏ん張れ俺。

 しかし何かの間違いで取れてると見込んでた単位を落としてたらどうしてしまいましょうと気が気ではない心境の今日この頃です。ああつらい。昨日のテストもすっごい緊張した。中学生のとき全校生徒の前で校歌斉唱の指揮をやったときくらい緊張した。宙に構えた両手がぶっるぶるだったあのときよろしくペンを持つ手が震えたぜ。

 いやもう本当にね既に春休みを満喫してらっしゃる大学生の話を聞くと怒りすらこみ上げてくる。彼らは何も悪くないけど留年に怯えるストレスを抱える僕は彼らに中指立てたくなっちゃう。そんな自分が不憫だ。でもやっぱりテスト余裕単位楽チンだったなんてのさばってるやつらを見ると如何に自分が頑張っているにも関わらず辛酸を舐めさせられているかと不幸自慢をしてマウントを取りたくて仕方がない。実際のところ寝る間も惜しんで勉強してるって訳でもないんだけど。全然YouTube見てだらけちゃったりしてるんだけど。でもテストむずすぎレポートきつすぎなんだよこんちくしょう!! いや僕よりよっぽど辛い思いをしている大学生や社会人はたくさんいるでしょう。ええ、そうでしょう。でもそんな真実とか綺麗事聞きたくないんだ。自分がかわいくてかわいそうなのだ。理系は大変だねと言ってもらって自尊心を満たしたい。

 なんてぼやいてみたんですけど、反省すべきことが。YouTube云々は今に始まったことじゃないんだけど。

 なんかね、昨日急に欲望というかバイブス上がっちゃってね、キーボードつうのかな、電子ピアノをAmazonで買ってしまった。 

 せめて春休みが訪れるまで我慢しなければならなかった。そんなもの買ってウキウキしてる場合じゃないのに。さっきまで留年したらどうしよ〜!って青ざめてた自分どこいった。僕の決して広くはないひとり暮らしのこの部屋のどこにそれを置くかなんてノリノリで模索してる場合じゃないのに!

 でもちょっと聞いてほしい。このブログを読んでくださってるかたになのか理性の自分になのかはともかくちょっと言い訳を聞いてほしい。次のテストは来週の木曜日だからまだ1週間近く時間があるしこの科目に関しては普段からちゃんとやってる上に過去問も入手したから自信があるんだ。それに他のテストは再来週だ。そしてなによりやっぱり息抜きは大事だ。現代のストレス社会にYouTube は必要だと思うし留年の恐怖で鬱々としている青年の精神に新しい風を入れてあげることはとても重要だ、と思う。だから今日僕が本屋に易しいクラシック曲集とか売ってないかな〜って探しに行こうとしてることは当然許されるしもはや愛されるべきことだとすら思うんだ。